【竜の道二つの顔の復讐者】のあらすじをざっくり紹介!原作や作者は?

エンタメ
この記事は約5分で読めます。

春ドラマの予定だった【竜の道二つの顔の復讐者】が7月28日に放送スタートすることが決まりましたね。

フジテレビ火曜日夜9時から初回は2時間スペシャルでの放送です。

【竜の道二つの顔の復讐者】は人気小説のドラマ化で、しかも玉木宏さんと高橋一生さんのダブル主演という豪華キャストなので期待してる方はきっと多いことでしょう。

 

【竜の道二つの顔の復讐者】のあらすじをざっくり紹介し、このドラマの原作や作者についてもご紹介していきたいと思います。

竜の道二つの顔の復讐者のざっとあらすじ

キャスト

主演:玉木宏 高橋一生  初共演

松本穂香 遠藤憲一 斉藤由貴 松本まりか

【竜の道二つの顔の復讐者】は双子が復讐をするお話です。

矢崎竜一 矢崎竜二は双子としてこの世に生を受けましたが、生後間もなくしてある夫婦に引き取られます。

その夫婦とは運送業を営んでいる吉江夫妻。

吉江夫妻は竜一と竜二を本当の我が子同然に大切に育てていました。

その後、吉江夫妻には本当の娘である美佐も生まれて家族5人でとても幸せに暮らしていました。

 

しかし、幸せな生活は竜一と竜二が15歳の時に失われることになってしまうのです。

霧島源平という男が率いる運送会社が悪質な行為をし、吉江夫妻の運送屋を乗っ取りをします。

それが原因で竜一と竜二と美佐の両親は自殺に追い込まれてしまいます。

 

7年後 竜一は整形で顔を変えて全くの別人になり、裏の社会と関わる人間になっていきます。

竜二の方は勉学に励み、国土交通省に入省して運送会社を監督する立場の人間になります。

竜一が姿を消すことで妹の美佐でさえ兄 竜一は亡くなったと思い込みます。

しかし、実は竜一は生きているのです。

このことは妹さえも知らない双子の兄弟二人だけの秘密です。

 

そして、竜二は妹 美佐に対して兄妹以上の感情を抱いていきます。

 

双子の兄弟が復讐に執念を燃やし、大企業に立ち向かっていくサスペンスドラマです。

【竜の道二つの顔の復讐者】の原作は人気小説で実は未完成となっているのですが、テレビドラマ版はオリジナルのストーリーに仕上がっていて、2人の復讐は結末まで描かれる予定です。

竜の道二つの顔の復讐者の原作は白川 道さんのハードボイルド小説

ドラマ【竜の道二つの顔の復讐者】の原作は白川 道(とおる)さんのハードボイルド小説【竜の道】です。

小説【竜の道】は元々、講談社の月間小説として発表され、小説現代に掲載され2009年に講談社から「竜の道 飛翔編」が発売されました。

出典:講談社

作者の白川 道さんは【竜の道】をシリーズにして、全3巻にしようと考えられていたそうです。

しかし、月間小説誌に連載をしている途中の2015年4月15日に急に亡くなってしまいました。

残念ながら、せっかくの構想が実現することはありませんでした。

その後【竜の道】は未完成のまま、幻冬舎から「竜の道昇龍編」として発売されることになりました。

出典:幻冬舎

作家 白川 道さんとはどんな人?

【竜の道】の作者である白川 道(とおる)さんは、1945年(昭和20年)10月19日生まれ。

中国の北京で生まれました。

幼少の頃、一家は戦後引き上げをして神奈川県平塚で育ちました。

神奈川県立平塚江南高校を卒業後は一橋大学社会学部を卒業しています。

高校時代から、よく本を読まれていたそうで、なかでも太宰治が好きだったそうです。

 

一橋大学を卒業後は大手の電機メーカーに入社しますが3か月で退職。

その後、広告代理店に入社しますが26歳で退職。

その後は旅行会社や書店の起業にチャレンジされますが、うまくいきませんでした。

結婚後は妻の実家の松山にて義理父の会社の役員を任されますが2年半で離婚します。

子供のことは松山に残したまま1人で東京に戻ってきます。

 

その後、東京日本橋兜町の投資顧問会社に入社します。

そこで経験を積んだのちに、自ら株式投資顧問会社を起業します。

年間に何十億もの金を動かす仕事をしながら私生活では女子大生と同棲をし、1年間になんと1億円もの大金を使い切るという大胆な生活をしていました。

のちにマネーロータリングなどの違法行為で逮捕され、初犯でありながら懲役3年の実刑となります。

白川さんは服役中に小説を学ぶことになるのです。

その後、49歳の時に「流星の宴」で作家デビューします。

数々の作品を発表されますが、なかでも代表作は2001年(平成13年)の「天国の階段」です。

この作品は白川 道さんが56歳の時のものです。

「竜の道」を書かれたのは、さらに後になってからです。

残念なことに、人気作「竜の道」が完結しないまま、白川さんは2015年の4月15日に突然亡くなってしまいます。

 

白川さんは戦後の大変な状況下の日本を知っている方であり、成人された後はあらゆる仕事を通じて世の中の見てこられました。

ファンが多くとても魅力的な作家さんです。

Twitterでは

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

にほんブログ村に参加しています 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

エンタメ
スポンサーリンク
ukaruをフォローする
ハピロミ
タイトルとURLをコピーしました