大人の土ドラ【隕石家族】第4話あらすじとネタバレと感想

隕石家族
この記事は約8分で読めます。

2020年4月11日土曜日から大人の土ドラ 【隕石家族】がスタートしています。

こちらの記事では【隕石家族】第4回のあらすじネタバレを書いています。

【隕石家族】の見逃しは動画配信サービスFODプレミアムTverで見れます。

【隕石家族】第3回のあらすじはこちらです。

大人の土ドラ【隕石家族】第3話あらすじとネタバレと感想
2020年4月11日土曜日から大人の土ドラ 【隕石家族】がスタートしています。 こちらの記事では【隕石家族】第3回のあらすじネタバレを書いています。 【隕石家族】の見逃しは動画配信サービスFODプレミアムやTverで見れます。 ...

 

【隕石家族】のキャスト一覧

門倉久美子50歳 (羽田美智子) 門倉家の嫁 スーパーのレジ打ちをする主婦 

門倉和彦53歳 (天野ひろゆき) 久美子の夫 健康器具販売の会社に勤める

門倉美咲26歳 (泉 里香) 門倉家の長女 中学校教諭

門倉結月18歳 (北 香那) 門倉家の二女 大学受験に失敗し予備校に入る

門倉正子80歳 (松原智恵子) 和彦の母

森本翔太20歳 (中尾暢樹) 結月の彼氏 予備校生でカフェ イスカンダルでバイト

カフェ イスカンダルの店長 古代鉄郎 (ブラザートム)

老人ホームのスタッフ ウド鈴木

ご近所さん 御園寛子 光浦靖子

片瀬清人50歳 (中村俊介) 久美子の高校時代の恋する彼 高校時代のテニス部キャプテン

森山舞衣 (遼河はるひ) 長女 美咲の勤務先の同僚であり、美咲の中学時代の先生でもある

一緒に暮らして欲しいと久美子に告白するが断られてしまった片瀬。

「これから4か月どう過ごしたらいいのだろう?」と途方に暮れる片瀬に「僕がそばにいます!」と和彦は言いました。

和彦の本音は何なのでしょうか?

隕石家族 第4話

隕石が近づいた影響か、突然起こる地震。

その時、和彦は片瀬と一緒でした。

テレビでは東京多摩地区に80㎝の隕石が落ちたとニュース速報が流れています。

和彦と久美子は、地震で落ちた家の中のものを拾っていました。

 

和彦「大事な借りものなんだ。」と電車の模型を拾い上げています。

 

美咲・・そして家族は

思いつめた様子の美咲。

朝食はろくに食べません。

 

翔太「前から思ってたけどお姉ちゃん美人でスレンダーで結月に似てないよね。」

久美子「それは我が家では禁句なのよ。」

正子「あなたの育て方が間違っているから美咲は・・」

 

美咲は幼いころ自分はもらい子じゃないの?と言ったことがあったのです。

美咲は仕事に出かけていきました。

 

久美子は片瀬に・・

久美子は、結月に「パパとキャプテン放っておいていいの?」と聞かれます。

キャプテンから一緒に暮らそうと言われたがそれは出来ない、そして家族と純愛の両方が欲しいと言う久美子。

結月から直接キャプテンにパパのこと聞くように言われた久美子は、片瀬を呼び出しました。

実はパノラマが自分の夫であることを打ち明けます。

 

片瀬「まさか、パノラマさんが君のご主人だなんて。もし知っていたら会うわけないじゃないか!」

久美子「どこで知り合ったの?」

片瀬「ネットで。お互い本名も知らないし、ハンドルネームで呼び合ってる。」

久美子「でも、主人は私が家を出た相手が高校の時のテニス部のキャプテンだって知ってるわ。」

 

和彦と片瀬はこの間、鎌倉に行ったばかりなのです。

その時、和彦は「僕はキャプテンに憧れてます!僕なんて部活ではみんなの後ろでクラリネット吹いてた。」

片瀬「みんなを見守っていたんですね。大事な役目ですよね。」

和彦「そんな風に言ってもらったことはない。」

和彦の片瀬への信頼の気持ちは高まっていました。

片瀬は久美子に、「あと4か月どうしよう、と言ったらパノラマさんから、私がずっとそばにいます、と言われた。」ということを話しました。

「どうしてだろう」久美子は和彦の言動を不思議に思っています。

 

美咲は学校で

美咲は森山と話します。

美咲「お見合いさせて私を遠ざけるつもりですか?」

森山「最後の時を1人で過ごしたいの。」

美咲「ほんとに辞めるんですね?」

森山「じゃ・・」

美咲「私の気持ち知ってるくせに。先生!」

「さよなら。」それでも森山は去っていきました。

 

美咲は一度帰宅するものの「私 この家出る。疎開するの。荷物まとめなくちゃ。」と言い出します。

和彦も久美子もそんな美咲を必死に止めます。

美咲「私の勝手でしょ。それに私はもらわれっ子でしょ?」

久美子「どこに行くの?」

美咲「森山先生のところ。」

和彦「どうして先生に着いて行くんだ。」

美咲「私は先生が好きなの。だから最後の時、先生のそばにいたいの。森山先生は1人で過ごしたいと言ってる。でもつらい時、先生は私のそばにいてくれた。だから私もそばに居たい。私の気持ちを一番わかってくれてる人なの。先生さえいれば私ほかに何もいらない。私、正直になる。最後の時を先生と迎えたいの。」

正子「先生は女性でしょ?どういうこと?」

 

その後寝室で和彦と久美子は美咲のことを話していました。

久美子「なんか、わかる気がする。気が強くて意地っ張りな美咲の殻を破ってくれたのが森山先生。美咲がそう決めたなら賛成してあげたい。パパは?」

 

翌朝

早朝、家族がまだ起きてこない中、1人自宅のリビングを見つめる美咲。

そこに久美子が。

久美子「一人で出ていくつもり?多数決はまだでしょ?」

家族が全員集まり多数決で美咲が出ていくのに賛成してくれました。

笑顔で美咲は「今までお世話になりました。」

そして翔太に「結月のこと宜しくね。」と声を掛けました。

森山先生は知ってるの?と家族に聞かれるが「知ってるわけないじゃない。」そういうとスーツケースを持ち家を出ていきました。

 

次の日、和彦は「離れても美咲が俺たちの娘であることには変わりはない。」と久美子に言いました。

「二人とも私たちの娘として育ててきたんですものね。」と久美子。

二人の意味深な会話は家族の誰も聞いてはいません。

和彦「人を好きになる気持ちは誰にも止められないんだ。」

久美子「今までと違うパパがいるみたい。」

久美子は美咲のことを許した和彦が今までと違う和彦であることを不思議に思っていました。

 

片瀬が

片瀬は久美子に電話で「これからご主人に会う、会ってはっきりと真意を聞いてみる。」と言います。

何かあってはいけないと、久美子、結月、翔太の3人は和彦と片瀬のところに向かいます。

片瀬は和彦を呼び出して真相を尋ねようとしています。

片瀬「偶然ですか?」

和彦「偶然に決まってるじゃないですか。こうして会えるだけで充分なんです。あなたといると私は安らげる。こんな気持ちは初めてなんです。私も自分の気持ちに正直になりたい。今だから、もう半年もないから言います。好きなんです。」

和彦の告白です。

その時!!隕石が地球からそれたというニュースが入ります。

みなさんの感想を紹介します

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

にほんブログ村に参加しています 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

隕石家族
スポンサーリンク
ukaruをフォローする
ハピロミ
タイトルとURLをコピーしました