大人の土ドラ【隕石家族】第1話あらすじとネタバレと感想

隕石家族
この記事は約6分で読めます。

2020年4月11日土曜日から、大人の土ドラ 【隕石家族】がスタートしましたね。

こちらの記事では【隕石家族】第1回のあらすじネタバレを書いています。

【隕石家族】の見逃しは動画配信サービスFODプレミアムTverで見れます。

 

【隕石家族】のキャスト一覧

門倉久美子50歳 (羽田美智子) 門倉家の嫁 スーパーのレジ打ちをする主婦 

門倉和彦53歳 (天野ひろゆき) 久美子の夫 健康器具販売の会社に勤める

門倉美咲26歳 (泉 里香) 門倉家の長女 中学校教諭

門倉結月18歳 (北 香那) 門倉家の二女 大学受験に失敗し予備校に入る

門倉正子80歳 (松原智恵子) 和彦の母

森本翔太20歳 (中尾暢樹まさき) 結月の彼氏 予備校生 カフェ イスカンダルでバイト

カフェ イスカンダルの店長 古代鉄郎 (ブラザートム)

片瀬清人50歳 (中村俊介) 久美子の高校時代の恋する彼 高校時代のテニス部キャプテン

【隕石家族】第1回のあらすじ

20××年の東京

東京のある幸せな4人家族、門倉家のいつもの朝食風景。

「最後の晩餐のメニューを選べと言われたら、私はママのご飯がいい。」

門倉家の二女 結月はそんな風に思っています。

 

日本のテレビはもう朝と夕方の国営放送しかやっていません。

なぜなら?

この地球には、なんと!巨大隕石が近づいており、あと半年で人類滅亡と言われているのです。

ということで「あと半年しかない」そんな時間の中で人々はそれぞれの自分の本当にやりたいことをやって生きていこうとしています。

「ご近所さんは伊勢神宮がある三重県に引っ越したよ。」と久美子。「どこに逃げても一緒だものなあ。」と夫の和彦。

そこには仲睦まじい夫婦の会話が。

 

「ねえ、ホントに予備校行くの?もし受験がダメなら結月に家事頼もうと思ったのに。」

この時は母の秘密を何も知らなかった結月。

「ママはやりたいことや思い残すことはないの? 家族のためだけの人生なんて。そんな人生つまんなくないの?」

「ママは幸せな人生だった。パパやあなたたちと暮らせて。」久美子は結月に言います。

夫 和彦はこの先のことを何も心配せず、妻 久美子のことを信じています。

 

一方の久美子は仕事帰りに、今日は特別に奮発と牛肉を買って帰ります。

久美子には何か思いがあるようですが、家族はそんなことはこれっぽっちも思っていません。

 

結月は彼氏 翔太と一緒に念願の予備校の手続きを済ませ喜んでいます。

結月はLINEで翔太をこのまま家につれていってもいい?と母に聞くと、母からは「いいよ。」と快く返事が返ってきました。

「娘の幸せはママの幸せ、ママのしあわせは家族の幸せと思っているのがママ」

結月はこう思っていました。

でも、実は久美子には秘密が。

 

家で

結月は翔太を家に連れてきました。

結月の彼氏のことを「俺だけ知らなかった」と和彦は不機嫌になりますが、久美子が間に入り、結月を助けます。

「パパ、この通り!」「お願いします。」

姑の一言で、結月の彼氏 翔太が家に住み込んでもいいか?を家族の多数決で決めることにしました。

多数決の結果、認めることになり、和彦は「家族になったんだね。隠し事はだめだよ。うちは何でも話すんだから。ねえ、ママ。」と言いました。

絵に描いたような仲良し家族です。

久美子は買ってきた牛肉で、家族のためにビーフシチューを作りました。

さて食べようかというその時です。

 

久美子は「話があります。」と自分の思いを家族に打ち明けます。

「実は好きな人がいます。その人と暮らしたいの。テニス部のキャプテンよ。

あと半年しかないと知って、忘れることが出来ないキャプテンに連絡したら返事が来て、会おうということになったの。

お互いの気持ちはもう確認し合ったわ。心を込めて作った最後のビーフシチューみんなで食べてね。」

というと、準備しておいたスーツケースを持って家を出ていってしまいました。

 

美咲「ママの人生だからママの好きにさせてあげれば。ママも一人の女性だったってこと。」

和彦は「全部嘘だったのか。」と落ち込んでいます。

結月は「家族の幸せがママの幸せだと思っていたのに。」

翔太「これはすでに決まっていたことなのかもしれない。隕石のことも。」

結月「けど、宇宙がどうであろうと納得いかないものはいかない。」

 

隕石到達まであと179日

ママが家を出て行ってから1週間になり、ご近所さんからは「お母さん最近見かけないけど。」と聞かれる始末。

和彦は明るくふるまっていました。

会社は休まず元気に出勤しているように見せかけながら実は家族には内緒で会社を休んでいました。

 

そのころ久美子は

彼氏のキャンピングカーで2人で仲良く過ごしていました。

食事したり、テニスしたり、まるで高校生の恋人同士のようです。

 

しかし久美子は・・

家族はもう久美子は帰ってこないだろうと思っていましたが、久美子は突然帰ってきました。

「ごめんなさい。」

「理想と現実は違ったの。キャプテン実際に会ってみたらハゲでメタボになっていた。会話も噛み合わなくて離婚してたというのも嘘だったの。」

「私が馬鹿だった。本当にごめんなさい。一番大事なのは家族だって気づいたの。」と言って、久美子は家族みんなに頭を下げたのです。

和彦はゆっくりと近寄り「顔を上げて俺の目を見ろ。」と言いました。

じっと和彦のを見つめる久美子。

パパが怒るんじゃないか?怒ってママを殴るんじゃないか?と家族みんなビクビクしてみています。

「よし!それならいい。」と和彦。 和彦は久美子のことを許すことにしました。

 

翌日から

何事もなかったように、また平和な家庭が戻ってきました。

和彦も元気になり、久美子も鼻歌唄いながら家事をしていました。

しかし、結月は偶然にも久美子がお風呂掃除をしている時にスマホのLINEを盗み見してしまうのです。

LINEには「片瀬 15時いつものところで」と書いてあります。

結月の想像通り、やはり久美子は出かけました。結月と翔太は心配になり久美子の後をつけていきます。

すると、キャンピングカーの横で仲良くテニスしている久美子と彼氏、片瀬の姿が!

しかも、片瀬はイケメンです!メタボでハゲなんかではありません。

それを見た結月は腹を立て「パパに話す。」と言いますが、翔太は「やめろよ。お父さんを傷つけるだけだ。」と止めました。

結月は実は見てしまったことを、久美子に話しました。

「1つじゃダメなの。両方欲しいの。家族のためにいつも同じことして・・これからは自分のしたいように生きる。欲しいものは手に入れる。それが純愛なの。」と久美子。

 

その後

和彦はある人と喫茶店で待ち合わせしていました。

その相手は、なんとキャプテンです。

和彦は自分のことをパノラマと名乗っています。名鉄電車のパノラマの模型をキャプテンに見せていました。

キャプテンは相当喜びます。2人は互いの趣味である鉄道で繋がって意気投合していました。

 

ただ、和彦の目が何やら企んでいるようにも見えます。

みなさんの感想

 

 

 

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

にほんブログ村に参加しています 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

隕石家族
スポンサーリンク
ukaruをフォローする
ハピロミ
タイトルとURLをコピーしました