大人の土ドラ【隕石家族】第3話あらすじとネタバレと感想

隕石家族
この記事は約9分で読めます。

2020年4月11日土曜日から大人の土ドラ 【隕石家族】がスタートしています。

こちらの記事では【隕石家族】第3回のあらすじネタバレを書いています。

【隕石家族】の見逃しは動画配信サービスFODプレミアムTverで見れます。

【隕石家族】第2回のあらすじはこちらです。

大人の土ドラ【隕石家族】第2話あらすじとネタバレと感想
2020年4月11日土曜日から、大人の土ドラ 【隕石家族】がスタートしています。 こちらの記事では【隕石家族】第2回のあらすじネタバレを書いています。 【隕石家族】の見逃しは動画配信サービスFODプレミアムやTverで見れます。...

 

【隕石家族】のキャスト一覧

門倉久美子50歳 (羽田美智子) 門倉家の嫁 スーパーのレジ打ちをする主婦 

門倉和彦53歳 (天野ひろゆき) 久美子の夫 健康器具販売の会社に勤める

門倉美咲26歳 (泉 里香) 門倉家の長女 中学校教諭

門倉結月18歳 (北 香那) 門倉家の二女 大学受験に失敗し予備校に入る

門倉正子80歳 (松原智恵子) 和彦の母

森本翔太20歳 (中尾暢樹) 結月の彼氏 予備校生でカフェ イスカンダルでバイト

カフェ イスカンダルの店長 古代鉄郎 (ブラザートム)

老人ホームのスタッフ ウド鈴木

ご近所さん 御園寛子 光浦靖子

片瀬清人50歳 (中村俊介) 久美子の高校時代の恋する彼 高校時代のテニス部キャプテン

森山舞衣 (遼河はるひ) 長女 美咲の勤務先の同僚であり、美咲の中学時代の先生でもある

久美子の夫 和彦(パノラマ)と、久美子の彼氏 片瀬(キャプテン)がお店で会って話しているのを偶然見てしまった結月の彼氏 翔太。

翔太は和彦の部屋へ行き、そのことを和彦に話しました。

和彦は・・・「このこと誰にも言ってないだろうねえ。」と翔太に言います。

2人の関係は知られてしまうのでしょうか?

隕石家族 第3話

いつもの門倉家の朝食風景。

玄関にある久美子が生けた生け花を毎日直し、和彦の顔色が悪いと「高血圧の薬は飲んだの?」と

息子のことを気に掛ける和彦の母 正子。

うちのパパは紛れもなくマザコンだ。おばあちゃんが子離れできていないのにも原因があるけど。~結月~

7億7324万㎞ 隕石が地球に衝突するまで、あと137日

 

正子は、デイサービスのメンバー達と話している時に、息子 和彦の体調と高血圧が心配になり和彦の職場にまで電話をかけます。

さらにそれだけで収まらず和彦の会社にまで押し掛け、病院にまで連れていくという究極のマザコンぶりを発揮しています。

「あと4か月、最後の1日まで長生きしてもらわなくてはなりません。」と高血圧予防にと久美子の料理の味付けにまで文句を言い、「メタボも気になるわね!これからは私が作ります。」という正子。

いつものマザコンぶりには既に呆れ果てている久美子は「パパがそれでいいならお義母さんにお任せします。」とあっさり言いました。

以来、和彦の食事はソースなし、醤油抜きの塩分カットにさせられました。

久美子と娘2人(美咲と結月)から、「パパは大人なんだからはっきり言わなきゃ!」とまで言われ、

困ったときの和彦の表情が正子とそっくりだ!と妻・娘の女3人から笑われる始末。

 

久美子は結月に・・

一旦は家に帰ってきたものの、片瀬のことを忘れられずにいる久美子はこの先どうしようか?決めかねています。

「どうしたらいいと思う?」とカフェで、娘 結月に相談していました。

「パパはずっとお義母さんの言いなり。お義父さんが亡くなった後、あれよあれよという間に同居することになっていたの。」と振り返り「世の中の妻が一番許せないのはマザコン夫。」と不満もたっぷりです。

「ところで結月の方は、あと4か月だけど真剣に考えてるの?」と翔太とのことを心配する久美子ですが、「うん、考えてくれてると思う。」と結月は笑顔で答えました。

実際のところ、翔太は何を考えているのやら・・?

 

一方、和彦も

居酒屋で、和彦はキャプテン(片瀬)に母親のマザコンぶりが激しく嫌気がさしていると愚痴を聞いてもらっています。

「中学生くらいの頃、周りの同級生たちは母親のことをあのババアと呼んでいたりしたけど、私は言えなかったんです。母の言うことには逆らえなかったんですよね。」と和彦。

「奥さんが家を出た理由はそういうことにあるんじゃないのか?」とキャプテン(片瀬)は和彦にアドバイスをします。

今度は片瀬が「この前彼女にはっきりと伝えました。僕のところに来て欲しいと。」と自分のことを話しました。

「人生、エースをねらえです。頑張ってください!」片瀬は言いました。

勇気ある片瀬の行動に元気をもらった和彦。

翔太と結月は

和彦と片瀬の密会の様子を実はこっそりと見ていた翔太と結月。

翔太は同窓会でこの店に来た時に、2人が会っているのを偶然に見てしまったのです。

そこでこの事実を知らせようと思い、結月を店に呼び出しました。

結月は「パパはキャプテンに復讐するつもりでは?」 と心配になります。

 

和彦は帰宅後

片瀬からの言葉「エースをねらえ!」を胸に「ただいま!」と力強く帰宅し、今度こそは母親にガツンと言ってやろうと思っているのですが、「夕飯すぐ用意しますからね。和彦、どうしたの?」と正子のペース。

「あ、いえ、遅くなりまして。」やっぱり何も言えない・・・和彦は自分の心と葛藤しています。

でも、隕石が落ちてくる前に自分の思ったことを言ってやる!そう決めた和彦は、かつて言いたくても言えなかった本音を正子にぶつけるのです。

「くそババア。」

「中学は私立に行かされた。部活はアメフト部に入りたかったのに、文科系にさせられた。結婚も見合いを勧められたけど、俺は久美子を選んだ。でも久美子のことは気に入らないと文句を言われた。」

「僕は母さんが嫌いだ!」

やっと和彦は長年の間の溜まりに溜まった気持ちをぶちまけたのです。

 

正子は「あの子があんなこと言うなんて、あなたのせいですよ。あなたと結婚したから和彦はあんなことを。」と言い残すと「もう寝ます・・」と言ってフラフラ~っと自室へ戻っていきました。

「パパっていくつだっけ?53歳。遅すぎる反抗期だ。」とつぶやく美咲。

「言ってやった!」と達成感を味わう和彦。

翌朝

朝食の時間になっても、食卓に正子は現れませんでした。

久美子が正子の部屋に様子を見に行くと、正子は自分の荷物をまとめています。

正子は「デイケアに行く」と迎えに来たタクシーに乗って家を出て行ってしまいました。

「お義母さんは本当は隕石までの間、息子の世話を焼きたかったんじゃないかしら?デイケアに行くって、もう2度と帰ってこないかもしれない。」と久美子が言うと、和彦は心配になりデイケアへ見に行きます。

しかし、そこには正子はいませんでした。

 

和彦、久美子、結月、そして今日は有休をとったから、と美咲も加わります。

さらに翔太も加わってみんなで正子を探し回るのですが、正子はどこにもいません。

聴こえてくる救急車のサイレンの音。

「息子が生きがいだったのに、生きる目標を失って・・」嫌な予感が頭をよぎります。

 

「ダメだわ。家にも戻ってない。警察に捜索願を出したほうが・・・」と久美子。

 

すると、たまたま近くにいた若者のスマホに、着物姿でバットを振るおばあさんが映し出されていうというのです。

もしや? 見せてもらうとそこには正子の姿が・・

和彦達はバッティングセンターまで正子を迎えに行きました。

「母さんごめんなさい。」

和彦は泣いて謝りました。涙を拭いてあげる正子。

やれやれ一件落着・・

 

実は、結月はこれら一連の出来事をすべて「いつか宇宙に届いて誰かに聴いてもらうために・・」ととボイスメモに保存しているのでした。

 

美咲にも秘密が?

長女の美咲は勤務先の中学校の教員仲間で中学時代の恩師でもある森山からお見合いを勧められました。

美咲は見合いなどするつもりがなく「私は森山先生と最後まで教師をするつもりです。」と言います。

しかし森山は「私ね、疎開することにしたの。田舎で土でも耕して過ごそうと思う。」と美咲からは離れる気持ちでいることを打ち明けます。

「どうしてですか?ずっと教師の仕事を続けると言っていたじゃないですか。私は森山先生と一緒に教師をやるために教員になったのに。」と美咲。

そして、部屋で「許さない!」と森山の写真をペンで塗りつぶします。

 

秘密は暴かれていくのか?

結月はもう黙っていられないから言うけど・・と実は父と母の彼氏 片瀬がお店で密会していたということを久美子に打ち明け、スマホで証拠を見せました。

驚きが隠せない久美子。

そして、片瀬は和彦に「だめでした。彼女は僕より家族を選んだんです。」と結果を報告するのでした。

久美子に断られてしまったという片瀬。

「あと4か月どう過ごしたらいいんでしょうね?」と和彦に答えを求めます。

「私が一緒にいます。私がずっとそばにいます!」と和彦は片瀬に言ったのです。

みなさんの感想をご紹介します

Twitterではドラマ隕石家族がコロナ騒動の今の世の中を見ているようだという感想が多いですね。

隕石には期限があるけどコロナはいつ収束するかがわからないから怖い、という感想もありました。

私、個人的には、やまない雨はない、明けない夜はない、出口のないトンネルはないと思っていますので、必ず収束すると信じています。

1人1人の大切な命。自分の命は自分で守り、人生を生き抜くことの大切さを今は学んでいる時なのかもしれないと感じています。

今、自分にとって何が必要なのか?人任せにしない、人のせいにしないことなど多くのことを教えられているような気がします。

 

ドラマの中の門倉家の家族が最終的に何を選ぶのか?というところはとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

にほんブログ村に参加しています 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

隕石家族
スポンサーリンク
ukaruをフォローする
ハピロミ
タイトルとURLをコピーしました